模造 蘇芳地金銀鼓楽絵箱

その他の画像全4枚中4枚表示

漆工 / 昭和以降 

吉田徳蔵作
昭和7年(1932) 原品=奈良時代・8世紀
1合

金銀絵(金銀泥絵)は、膠に微細な金銀粉を練り込み、それを筆につけて文様を描く方法である。正倉院宝物や法隆寺献納宝物の中に相当数の例がみられ、奈良時代に大いに盛行した様子が窺える。平安時代以降は、蒔絵と入れ替わるように姿を消していった。

作品所在地の地図

関連リンク

模造 蘇芳地金銀鼓楽絵箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

模造 黒柿蘇芳染金銀山水絵箱
模造 螺鈿玉帯箱
模造 螺鈿玉帯箱

北村久斎作

松喰鶴蓬莱山蒔絵袈裟箱〈/(法隆寺献納)〉
瑞花蝶鳥金銀絵漆皮箱
法華経 巻第一
ページトップへ