文化遺産オンライン

松喰鶴蒔絵螺鈿二階棚

まつくいづるまきえらでんにかいだな

作品概要

松喰鶴蒔絵螺鈿二階棚

まつくいづるまきえらでんにかいだな

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

木製漆塗 松喰鶴蒔絵螺鈿

幅85.2,奥行39.4,高42.7

1基

上下段の棚板をもつ二階棚(にかいだな)。梨子地(なしじ)に蒔絵(まきえ)螺鈿(らでん)で松喰鶴(まつくいづる)を表わす。上段には火取(ひとり)(香を焚(た)く器)と泔坏(ゆするつき)(整髪水の容器)、下段には唾壺(だこ)(唾を吐く壺)と打乱箱(うちみだりばこ)(整髪具を入れる箱)を置く。それぞれの道具の形式や配置については古制が調査された。

松喰鶴蒔絵螺鈿二階棚をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

喰る / / 蒔絵 / 螺鈿

関連作品

チェックした関連作品の検索