蹲花入 うずくまるはないれ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 室町 

信楽
室町時代・15世紀
高19.3 口径9.0 底径11.0
1口

肩部に檜垣文がめぐらされた中世信楽の小壺です。穀物などの貯蔵用として使われていましたが、茶の湯の世界で花入として取り上げられました。人が背を曲げて丸くしゃがみこむ姿に似ることから「蹲+うずくまる+」と呼ばれ、茶人の間で好まれました。

作品所在地の地図

関連リンク

蹲花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

檜垣文壺〈信楽/〉
信楽檜垣文壺
自然釉刻文大壺
筒形花入
筒形花入

信楽

扁壺形花入
ページトップへ