Essay on writing brushes

Details

Essay on writing brushes

calligraphy / Edo

By Hosoi Kotaku (1658-1735)

Edo period, 1715 (Shotoku 5)

Ink on paper

1帖

 製法を中心に筆について論じた書。獣毛を原料とする筆の「毛穎譜」と、植物を原料とする筆の「槿筆譜」からなる。管城とは、始皇帝が蒙恬の製筆の材料となった兎に恩賞として与えた物語上の土地の名で、筆の別称(韓愈『毛頴伝』)。寄贈者は明治時代の筆匠として著名。

Related Works

Search items related to work chosen