文化遺産オンライン

屏風

びょうぶ

作品概要

屏風

びょうぶ

漆工 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・19世紀

木製漆塗

幅122.0 高96.2

6曲1隻

 「福」「寿」の文字と詩文を螺鈿で、火焔宝珠を堆朱(ついしゅ)で表した屏風。各扇とも螺鈿の剥離が著しく、剥落片が別置きされ、素地接合部の亀裂等もみられた。修理は、剥離・剥落した螺鈿を膠(にかわ)で圧着、亀裂箇所へは麦漆を含浸し、損傷部へは木屎(こくそ)を充填して補強した。

屏風をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / 朝鮮 / / Joseon

関連作品

チェックした関連作品の検索