文化遺産オンライン

子日蒔絵棚

ねのひまきえたな

作品概要

子日蒔絵棚

ねのひまきえたな

漆工 / 江戸

伝本阿弥光悦作

江戸時代・17世紀

1基

重要文化財

天板に根引きの松、二段目に扇と夕顔、三段目に御所車と白丁【はくちょう】を描いています。『源氏物語』の「初音」、「夕顔」、「関屋」を表わした意匠です。古典文学に取材した文様、厚い貝や錫【すず】板を用いた大胆な表現など、本阿弥光悦【ほんあみこうえつ】作と伝える蒔絵作品に通じる特徴を有しています。

子日蒔絵棚をもっと見る

伝本阿弥光悦作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 阿弥 / 光悦 / 初音

関連作品

チェックした関連作品の検索