芦舟蒔絵硯箱 あしふねまきえすずりばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 

伝本阿弥光悦作
江戸時代・17世紀
1合
重要文化財

金の薄肉高(うすにくたか)蒔絵と平(ひら)蒔絵で波や芦、千鳥を描き、鉛の板で舟を手前に大きく表わす。芦に舟の図柄は平安時代の料紙装飾にもみられる当時流行の意匠であり、光悦の蒔絵には王朝時代の美術や文学に主題を求めた例が多い。厚い鉛板を大胆に使うところも、光悦作品の特色の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

芦舟蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦舟蒔絵硯箱
子日蒔絵棚
子日蒔絵棚

伝本阿弥光悦作

舟橋蒔絵酒盆
梅蒔絵硯箱
舞楽蒔絵硯箱
舞楽蒔絵硯箱

伝本阿弥光悦作

ページトップへ