文化遺産オンライン

左義長蒔絵硯箱

さぎちょうまきえすずりばこ

作品概要

左義長蒔絵硯箱

さぎちょうまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

伝本阿弥光悦作

江戸時代・17世紀

1合

左義長とは宮中で古くから行われていた火祭のことである。この硯箱の図柄は、その祭を象徴する光景をクローズアップして捉えたもの。金の平蒔絵に金・銀・錫の金貝などを大胆に用いた、光悦作と伝えられる漆芸独特の表現をみることができる。(かなかい)(111122h_12)

左義長蒔絵硯箱をもっと見る

伝本阿弥光悦作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / 光悦 /

関連作品

チェックした関連作品の検索