文化遺産オンライン

黒釉文琳茶入 銘 望月

こくゆうぶんりんちゃいれ もちづき

作品概要

黒釉文琳茶入 銘 望月

こくゆうぶんりんちゃいれ もちづき

陶磁 / 江戸

薩摩

江戸時代・17世紀

陶製

高7.6 口径2.8 底径2.8/118g

1口

薩摩焼を代表する文琳形茶入として名高い作品。「望月」の銘のとおり、その円満な形は特に印象的で、独特の黒胎を素地とし、つやつやとした漆黒釉を地釉に、肩の部分に白い藁灰釉をさらっと施しています。この施釉法が薩摩焼の特色ある景色づくりとなりました。

黒釉文琳茶入 銘 望月をもっと見る

薩摩をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 茶入 /

関連作品

チェックした関連作品の検索