小袖 白黒紅染分綸子地熨斗藤模様 こそで しろくろべにそめわけりんずじのしふじもよう

その他の画像全3枚中3枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・17世紀
絹製 綸子地に刺繍・絞り・摺箔
丈140.8 裄64.0
1領
重要文化財

白・黒紅・紅などの地色に綸子を染め、刺繍や金の摺箔によって小袖の表面を敷き詰めたように細かく施した模様は、江戸時代初期に武家の女性が好んだデザインで、「地無し」と呼ぶ。斬新な形の染分も、この時代の特色である。

作品所在地の地図

関連リンク

小袖 白黒紅染分綸子地熨斗藤模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖
小袖 黒紅染分綸子地松皮菱段草花文様
小花雲変わり菱繋模様小袖
染分綸子地御所車花鳥文様繡箔小袖
ページトップへ