Wakizashi Style Sword Mounting, With ribbed black-lacquered scabbard

Details

Wakizashi Style Sword Mounting, With ribbed black-lacquered scabbard

others / Edo

Edo period, 19th century

1口

 柄は白鮫着で黒糸を巻き、鞘は黒漆の千段巻塗とし、先を丸鐺(こじり)とする。目貫(めぬき)、笄(こうがい)、小柄(こづか)の三所物は赤銅魚々子地(しゃくどうななこじ)に葵紋(あおいもん)を金色絵(きんいろえ)であらわしている。縁頭(ふちがしら)にも葵紋がみられるが、こちらには七宝を用いており、一見地味であるこの拵の色彩的なアクセントとなっている。

Related Works

Search items related to work chosen