文化遺産オンライン

拾遺古徳伝絵巻断簡

しゅういことくでんえまきだんかん

作品概要

拾遺古徳伝絵巻断簡

しゅういことくでんえまきだんかん

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

紙本着色

40.6x75.0

1幅

浄土宗の祖・法然*ほうねん*(1133~1212)の伝記絵巻の断簡。詞書は親鸞*しんらん*の曾孫・覚如*かくにょ*が編んだもので、法然とともに親鸞の事蹟を詳しく描いている。この断簡は法然と園城寺*おんじょうじ*の公胤*こういん*が浄土の教えについて議論する場面を描く。墨染の衣をまとい、念珠を繰るのが法然。

拾遺古徳伝絵巻断簡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

絵巻 / 断簡 / 鎌倉 / Kamakura

関連作品

チェックした関連作品の検索