色紙(後花園天皇宸翰)

 / 室町 

伝後花園天皇筆
室町時代・15世紀
彩箋墨書
1幅

上下は雲紙に金泥で草の下絵が描かれている料紙。『新古今和歌集』の和歌「あけくれは昔をのみぞしのぶぐさ葉末の露に袖ぬらしつつ」が散らし書きされている。寄贈者の古筆了悦は古筆鑑定を家業としていた古筆本家第12代である。ルビ:くもがみ、きんでい、こひつりょうえつ、

作品所在地の地図

関連リンク

色紙(後花園天皇宸翰)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌体十種
小色紙
小色紙

伝藤原公任筆

寸松庵色紙(ちはやふる)
古今和歌集切(巻子本)
継色紙「われみても」
ページトップへ