小色紙 こじきし

 / 平安 

伝藤原公任筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

白の胡粉地に菱唐草文の雲母刷りを施した唐紙に、『古今和歌集』などから和歌を抄出し、調度手本として書写された巻子本の断簡である。後世、古筆の流行にともない一首ずつ切断された際の、大きさの違いによって、「大色紙」「中色紙」「小色紙」と称される。

作品所在地の地図

関連リンク

小色紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大色紙
大色紙

伝藤原公任筆

継色紙(よしのかは)
小倉色紙
小倉色紙

藤原定家筆

古今和歌集切(巻子本)
継色紙(なつのよは)
ページトップへ