大色紙 おおじきし

 / 平安 

伝藤原公任筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

和歌を抄出し、散らし書きにした巻物の断簡。分割する際に、さまざまな大きさの色紙が生まれ、それによって、大色紙、小色紙などの名前で呼ばれる。本作は紀貫之の和歌で、二重菱唐草文様の装飾料紙を用いている。松永耳庵(安左エ門)が茶席でよく用いていたもの。ルビ:こじきし、きのつらゆき、じあん、

作品所在地の地図

関連リンク

大色紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小色紙
小色紙

伝藤原公任筆

寸松庵色紙「としふれば」
寸松庵色紙「秋のつき」
継色紙「われみても」
色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉
ページトップへ