紅型衣装 白麻地貝尽花筏梅枝絣模様 びんがたいしょう しろあさじかいづくしはないかだうめがえかすりもよう

染織 

沖縄本島
第二尚氏時代・19世紀
苧麻製
丈102.0 裄61.0
1領

白麻糸を部分的に藍(あい)で染めて経緯絣(たてよこがすり)に織った麻地に、紅型でさまざまな形の貝、花筏(はないかだ)、梅枝などの小模様を染めた着物である。絣の霞(かすみ)のようなやわらかい表情の模様が、紅型の鮮やかな色彩と調和し、紅型のみで染めたデザインとは異なった魅力がある。

作品所在地の地図

関連リンク

紅型衣装 白麻地貝尽花筏梅枝絣模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅型衣装 浅葱地波松梅紅葉模様
紅型衣装 白木綿地流水草花貝模様
藍型衣装 浅葱麻地牡丹鳳凰模様
絣着物 黄地井桁崩模様
紅型衣装 浅葱地竹桜紅葉毬模様
ページトップへ