Sake Cup

Details

Sake Cup

ceramics / Edo

Karatsu ware

Edo period, 17th century

Yellow glaze

高5.7 口径6.4 底径3.3

1口

質朴さが魅力とされる唐津焼の特色がよく表われた酒呑。柔らかに削りだされた高台や、口縁でわずかに外反したところが、手に取った時に実に心地よく、この猪口の価値を高めている。釉は枇杷(びわ)色となり、表面に白濁がむら雲のように現れて一種の景色となっている。(140225_h04)(170418_h14懐石のうつわ)

Search by Sake Cup

Search by Karatsu ware

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ ware / Edo /

Related Works

Search items related to work chosen