黄瀬戸草花文平鉢 きせとそうかもんひらばち

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

美濃
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
陶製
高5.8 口径29.1 底径15.3
1口

岐阜県の可児市、土岐市に広がる美濃焼で、俗に油揚手、菖蒲手と呼ばれる黄瀬戸の典型作。中国龍泉窯青磁に従った鐔縁の平皿に、見込みに草花文を釘彫し、失透する灰釉をかけ、銅で斑文を施し、ほのかな色の対比がまさに和様の雅びとなっている。(かに とき あぶらげで あやめで りゅうせんよう つばぶち)(120904_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

黄瀬戸草花文平鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄瀬戸桐文銅鑼鉢
黄釉牡丹唐草文広口壺
志野茶碗 銘 橋姫
黄瀬戸半筒茶碗 銘 鷺
瀬戸鉄釉巴文瓶子
ページトップへ