緑荷図軸 りょくかずじく

絵画 / 近現代 / 中国 

張大千筆
制作地:中国
中華民国時代・民国34年(1945)
紙本淡彩
(本紙)127.7×54.8
1幅
銘文:信伯社兄屬畫、略恭用忘菴南田翁家法寫此、請正、乙酉新秋同在昭覚寺、大千張爰 ; 鈐印「張爰之印」 ; 大千 ; 鑑蔵印「定静堂印」 ; 志超鑑賞 ; 三十六■秋印

張爰(ちょうえん)は中国現代を代表する画家の一人。内江(四川省)の人。号の大千(だいせん)でよく知られます。緑荷とは緑の蓮葉のこと。本図において、張爰は大きな緑荷の中に、清廉を象徴する青白い蓮花を新鮮な感覚をもって印象的に描いています。

作品所在地の地図

関連リンク

緑荷図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行草書七言律詩扇面
楓樹吟秋図巻
楓樹吟秋図巻

張洽筆

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

倣董其昌山水図軸
倣楊補之墨梅図軸
ページトップへ