文化遺産オンライン

小袖 浅葱縮緬地花紅葉籠模様

こそで あさぎちりめんじはなもみじかごもよう

作品概要

小袖 浅葱縮緬地花紅葉籠模様

こそで あさぎちりめんじはなもみじかごもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

扇絵師宮崎友(ゆう)禅(ぜん)斎(さい)が描く扇絵を小袖の模様に応用して始められた友禅染。貞享年間(1684~1688)に流行し、その後も絵画的な模様を小袖に染める技法として続いた。繊細な糊置きと色挿しは、江戸時代中期に優れた友禅染が製作されていたことを示す。

小袖 浅葱縮緬地花紅葉籠模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

友禅染 / 小袖 / 模様 / 縮緬

関連作品

チェックした関連作品の検索