文化遺産オンライン

友禅染掛幅 桐鳳凰図

ゆうぜんぞめかけふく きりほうおうず

概要

友禅染掛幅 桐鳳凰図

ゆうぜんぞめかけふく きりほうおうず

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

絹製・友禅染

1幅

鳳凰は中国において瑞祥(ずいしょう)として知られ桐樹に棲(す)むと言われてきた。日本においても桐に鳳凰の組み合わせは吉祥模様として好まれた。絵画的な図様を友禅染で染めた掛幅。表装部分も全て友禅染である。江戸時代後期には仏画や花鳥図なども友禅染で制作された。

友禅染掛幅 桐鳳凰図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鳳凰 / 模様 / / 友禅染

関連作品

チェックした関連作品の検索