文化遺産オンライン

鶏図友禅掛幅

にわとりずゆうぜんかけふく

作品概要

鶏図友禅掛幅

にわとりずゆうぜんかけふく

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

絹本友禅染

1幅

一見絵画のようであるが、実は着物を染める友禅染という染色技法を用いている。鶏と菊図のみならず、表具の模様も友禅染である。「伊藤若冲下絵」という伝来がある。江戸時代後期、若冲の絵が話題となり、このような鶏図が友禅染でも表されるようになった。

鶏図友禅掛幅をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

友禅染 / / 若冲 / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索