文化遺産オンライン

枯木群鴉図

コボクグンアズ

作品概要

枯木群鴉図

コボクグンアズ

染織

縦:169.8cm 横:363.4cm

1隻

枯木に群れ集うカラスを描いた絵画のようであるが、ビロード地の友禅染である。友禅染の生地としては、縮緬を用いるのが 一般的であり、また染めやすくもあるが、明治時代には別の生地による友禅染が試みられた。天鵞絨(ビロード地)友禅は、き ものの着尺としてではなく、当時盛んであった博覧会に出品するにふさわしい美術工芸品としての友禅染の技法として、明治 十一年に西村総左衛門によって開発された。多くが屏風や壁掛であり、天鵞絨の毛羽を利用した立体感のある画面が特徴で あった。

枯木群鴉図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

友禅染 / 染料 / / 文様

関連作品

チェックした関連作品の検索