祇園会図壁掛 ギオンエズカベカケ

染織 / 明治 

佐々木清七
制作地:日本
明治
都錦織
縦 370.0 cm 横 215.0 cm
1幅

明治二十六年にアメリカのシカゴで開催されたコロンブス・アメリカ発見四百年を記念する万博に出陳された壁掛の副本で、

実際に出陳された作品は、現在東京国立博物館が所蔵している。
京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾の巡行を描いた原在泉の下絵を、縦約四メートル、幅約二メートルという大画面に巧み

に織り出す。佐々木清七は初期にジャカード織機を導入した西陣の職工として名高いが、この作品では従来の空引機を用い、

綜絖の操作に六~七名を要したという。

作品所在地の地図

関連リンク

祇園会図壁掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
壁掛
壁掛

京都西陣佐々木清七製

臨黄庭堅梅花詩(七絶)
臨黄庭堅梅花詩(七絶)

康煕帝(清聖祖)

紙本淡彩山水図〈彭城百川筆/延亨四年の年記がある/六曲屏風〉
津和野弥栄神社の鷺舞
ページトップへ