文化遺産オンライン

太刀 銘 国安

作品概要

太刀 銘 国安

その他 / 鎌倉

粟田口国安

鎌倉時代・13世紀

1口

銘文:銘 国安

粟田口派(あわたぐちは)は鎌倉時代の京都で栄えた一派で、国安は後鳥羽院の番鍛冶を務めたとされる。この太刀は腰反りが高い鎌倉時代前期の姿を示し、ややうるんだ小乱(こみだれ)の刃文(はもん)に国安の特徴がよく出ている。同工の在銘作品は少なく、さらにこれは製作当初の姿を留めており貴重である。

太刀 銘 国安をもっと見る

粟田口国安をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

太刀 / / 行平 / 反り

関連作品

チェックした関連作品の検索