熏韋包腹巻 ふすべがわづつみのはらまき

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 南北朝  室町 

南北朝~室町時代・14~15世紀
1領

日本の甲冑のうち、胴の防具で背中で引き合わせるものを腹巻といいます。これは札を熏韋に浅葱糸(あさぎいと)で菱綴(ひしとじ)とし、草摺(くさずり)も五間の簡素で実用本位の仕立てです。このような腹巻で使われる札は再利用されたものが多いとされています。

作品所在地の地図

関連リンク

熏韋包腹巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色々威腹巻〈大袖付/〉
紺糸肩裾取威腹巻
色々威胴丸
黒韋威肩色糸腹巻
色々糸威腹巻
ページトップへ