山水蒔絵十種香箱 さんすいまきえじゅっしゅこうばこ

漆工 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1具

方形や長方形の小箱を巧みに組み合わせた、四段重の箱。内には梵鐘の形の重香合や、香炉や銀盤、扇・団扇・櫂・柴・花を象った香札などの香道具を納める。箱の外側は厚く大きな粉を規則的に置いた刑部(ぎょうぶ)梨子地(なしじ)として、高(たか)蒔絵を用いて精緻に山水を描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

山水蒔絵十種香箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜蒔絵十種香箱
叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度
丁子唐草源氏蒔絵沈箱・香道具箱
楼閣山水蒔絵宝石箱
沃懸地松千鳥蒔絵十種香箱・火取香炉
ページトップへ