和漢朗詠集切(雲紙本) くもかみほんわかんろうえいしゅうぎれ しゅうきょう

 / 鎌倉 

伝寂蓮筆Attributed to Jakuren (1139?-1202
鎌倉時代・13世紀
彩箋墨書
1幅

上下に藍の雲を配した雲紙(打曇紙)に、『和漢朗詠集』が書写されています。ほかにも同類の「雲紙本和漢朗詠集切」が伝わっていて、寂蓮筆と伝称されますが、寂蓮の真跡(直筆)と比べると異筆です。いずれも鎌倉時代・13世紀の書写と考えられます。ルビ:くもがみ、うちくもりがみ、しんせき、じきひつ、

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集切(雲紙本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集切
和漢朗詠集切

伝寂蓮筆

和漢朗詠集巻上(久松切)
和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
和漢朗詠集断簡(関戸本)
和漢朗詠集(龍田切)
ページトップへ