文化遺産オンライン

桜山吹図屏風

さくらやまぶきずびょうぶ

作品概要

桜山吹図屏風

さくらやまぶきずびょうぶ

絵画 / 江戸

俵屋宗達筆

江戸時代・17世紀

紙本着色

各155.7×363.6

6曲1双

 桜と山吹咲きほこる春。三つの半円状の色面で画面を大胆に区画、各面の左奥に山吹を置き、桜木立の垂直線を繰り返す。意匠性ゆたかな画面構成は、まさに宗達風だ。貼付色紙の多くが慶長10年(1605)頃書と推定され、画は寛永年間(1624~44)の作と見られる。

桜山吹図屏風をもっと見る

俵屋宗達筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

宗達 / 俵屋 / / 金地

関連作品

チェックした関連作品の検索