文化遺産オンライン

網干鷺蒔絵棚

あぼしさぎまきえたな

作品概要

網干鷺蒔絵棚

あぼしさぎまきえたな

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

1基

網を干す様子は、その曲線の組み合わせの妙が人々に好まれたものらしく、桃山時代以降の絵画や工芸品のモチーフに、しばしば見うけられる。中でもこの棚は木地の直線的な構成と文様が見事に調和して、出色の出来映えを示している。(20080422_h081)

網干鷺蒔絵棚をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 蒔絵 / 書棚 / 台東

関連作品

チェックした関連作品の検索