葡萄栗鼠蒔絵食籠 ぶどうりすまきえじきろう

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1合

 食籠は人に食物を贈ったり、また、食物を収めて室内に飾るといった、いわば「ハレ」の場で用いられた容器である。この作品は蒔絵食籠の代表的な存在で、器表には当時流行の、葡萄棚に戯れる栗鼠の文様が躍動的に描かれている。絵梨子地を多用した、華やかな表現である。

作品所在地の地図

関連リンク

葡萄栗鼠蒔絵食籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
秋草蒔絵見台
御簾秋草蒔絵炉縁
瓜蒔絵角赤手箱
芒葛蒔絵湯桶
ページトップへ