Covered Food Box, Squirrel and grape design in maki-e lacquer

Details

Covered Food Box, Squirrel and grape design in maki-e lacquer

lacquer work / Azuchi/Momoyama / Edo

Azuchi-Momoyama - Edo period, 16th-17th century

1合

 食籠は人に食物を贈ったり、また、食物を収めて室内に飾るといった、いわば「ハレ」の場で用いられた容器である。この作品は蒔絵食籠の代表的な存在で、器表には当時流行の、葡萄棚に戯れる栗鼠の文様が躍動的に描かれている。絵梨子地を多用した、華やかな表現である。

Related Works

Search items related to work chosen