蓮に鷺図花瓶 はすにさぎずかびん

金工 / 明治 

川島孝一作
明治10年(1877)頃
銅鋳製
高41.2cm 口径15.4cm 底径12.7cm 最大径19.6cm
1口

川島孝一は、羽後国村山郡山形銅町(山形県山形市)に居住し、幕末から鋳工業を営みました。この花瓶は、明治10年(1877)の第一回内国勧業博覧会に出品されたもので、デザインはやや平面的ですが、蓮の虫喰いや茎は極めて写実的で、全体に技巧が凝らされた表現がなされています。

作品所在地の地図

関連リンク

蓮に鷺図花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

越中国鉄物細工之図
越中国鉄物細工之図

三代歌川広重

銅蟹蛙貼付蝋燭立
銅蟹蛙貼付蝋燭立

百瀬惣右衛門作

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

第二回上野内国勧業博覧会ノ図
銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
ページトップへ