文化遺産オンライン

桐鳳凰漆絵硯箱

きりほうおううるしえすずりばこ

作品概要

桐鳳凰漆絵硯箱

きりほうおううるしえすずりばこ

漆工 / 明治

奥村文次郎作

明治時代・19世紀

1合

桐木の上空に二羽の鳳凰が飛翔する情景を、朱・緑・黄・茶色の色漆を用いた漆絵で表わす。中国の伝説では、鳳凰は聖帝の治世を祝って出現する瑞鳥であり、桐木に棲息して竹実を食べるといわれる。また鳳凰は鳥類の長(ちょう)であり、最も美しい羽根をもつ鳥とされた。

桐鳳凰漆絵硯箱をもっと見る

奥村文次郎作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鳳凰 / ほうおう / /

関連作品

チェックした関連作品の検索