文化遺産オンライン

江漢西遊日記

こうかんさいゆうにっき

作品概要

江漢西遊日記

こうかんさいゆうにっき

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 江戸

司馬江漢著

江戸時代・18世紀

紙本墨画

6冊

司馬江漢は天明8年(1788)4月、長崎へと旅に出る。日記は文化12年(1815)にかつての旅を回想しながら記したもので、風景や風俗の挿絵は、旅行から約30年が経ったとは思えぬ臨場感に溢れている。展示箇所は、日金地蔵堂から富士山を望んだ景色を描いたもの。(20131029_h21・22)

江漢西遊日記をもっと見る

司馬江漢著をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

江漢 / 司馬 / 天明 / 市立

関連作品

チェックした関連作品の検索