Mirror Stand

Details

Mirror Stand

lacquer work / Heian / Kamakura

Heian–Kamakura period, 12th–13th century

Black-lacquered wood

1基

根古志形という名の由来は、その脚が木を根こそぎ引き抜いたときの形に似ているところからという。使うときだけ鏡の支えと脚を外に引き出す構造である。鏡掛のもっとも古い形式を示すものとみられ、同形のものが奈良・春日大社の古神宝として伝わっている。

Search by Mirror Stand

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ / / 奈良

Related Works

Search items related to work chosen