瑠璃地金銀彩山水図徳利 るりじきんぎんさいさんすいずとくり

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・17世紀
1口

 金と銀の組合せというと華やかな印象があるが、伊万里の瑠璃地(るりじ)金銀彩では華やかというより落ち着いた気分を漂わせるのが特徴である。銀彩は酸化して黒変することや、ほかの色絵具に影響を与えることがあるために、伊万里では早くに途絶えてしまう技法。

作品所在地の地図

関連リンク

瑠璃地金銀彩山水図徳利チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑠璃地金銀彩富嶽図角皿
色絵独楽文徳利
定窯柿釉金銀彩牡丹文碗
色絵山水鹿図平鉢
色絵竹図徳利
色絵竹図徳利

京焼・御菩薩池

ページトップへ