袱紗 淡紅精好地布袋唐子遊戯図 ふくさ うすべにせいごうじほていからこゆうぎず

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1枚

布袋は後梁の禅僧であるが、福福しい容姿とお布施【ふせ】を求める大きな袋が個性的で、人々は弥勒菩薩【みろくぼさつ】の化身としてあがめた。また、日本では七福神【しちふくじん】の1柱とされた。子どもたちと戯【たわむ】れる愛らしい姿は、多産・長寿・裕福といった幸福をもたらしてくれそうである。

作品所在地の地図

関連リンク

袱紗 淡紅精好地布袋唐子遊戯図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

布袋図
布袋図
布袋図

狩野探幽筆、天祐紹杲賛

布袋図
染付布袋図皿
染付布袋図皿

伊万里

列子・布袋図
列子・布袋図

森川許六筆

ページトップへ