文化遺産オンライン

袱紗 淡紅精好地布袋唐子遊戯図

ふくさ うすべにせいごうじほていからこゆうぎず

作品概要

袱紗 淡紅精好地布袋唐子遊戯図

ふくさ うすべにせいごうじほていからこゆうぎず

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1枚

布袋は後梁の禅僧であるが、福福しい容姿とお布施【ふせ】を求める大きな袋が個性的で、人々は弥勒菩薩【みろくぼさつ】の化身としてあがめた。また、日本では七福神【しちふくじん】の1柱とされた。子どもたちと戯【たわむ】れる愛らしい姿は、多産・長寿・裕福といった幸福をもたらしてくれそうである。

袱紗 淡紅精好地布袋唐子遊戯図をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

布袋 / ほてい / 唐子 /

関連作品

チェックした関連作品の検索