文化遺産オンライン

砧蒔絵硯箱

きぬたまきえすずりばこ

作品概要

砧蒔絵硯箱

きぬたまきえすずりばこ

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

1合

重要文化財

蓋表から蓋裏にかけて、秋の野に置かれた枕、板葺きの家の中で砧を打つ男女の姿などを描く。秋草や家屋、人物は、描割【かきわり】を駆使して精細に描き込まれている。画中の「しられ」「ぬる」の文字と合わせて、『千載和歌集』巻5の俊盛法師の歌「衣うつ音をきくにぞ知られぬる 里遠からぬ草枕とは」を表わしている。

砧蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / / 蒔絵 / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索