文化遺産オンライン

楼閣山水蒔絵宝石箱

ろうかくさんすいまきえほうせきばこ

作品概要

楼閣山水蒔絵宝石箱

ろうかくさんすいまきえほうせきばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

1合

屋根形の蓋をつけ、四隅に象牙製の柱を立てた箱。このような箱は、欧州で宝石箱として用いられた。表面にはさまざまな蒔絵技法を駆使して、楼閣山水を極めて精緻に描いている。通常は国内向けの高級な仕事をする蒔絵師が制作した、特注品と考えられる。

楼閣山水蒔絵宝石箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / / 技法 / lacquer

関連作品

チェックした関連作品の検索