Chair, Landscape with pavilion design in maki-e lacquer

Details

Chair, Landscape with pavilion design in maki-e lacquer

lacquer work / Edo

Edo period, 17th century

1基

 座面のみ籐編として表面を黒漆塗とした椅子。背板の表裏には、金の高蒔絵を基調にして楼閣山水図を描いている。蒔絵の文様や技法は、鎖国令(1639)以後も通商のあったオランダを経由して欧州方面に輸出された、いわゆる紅毛漆器の典型を示している。

Related Works

Search items related to work chosen