唐詩残篇 とうしざんぺん

 /  

9世紀 中国・唐時代
紙本墨書
縦28.3 全長328.2
1巻
重要文化財

平安時代、唐から日本にもたらされた漢詩集の断巻。僧寺を詩題とした初唐から中唐の詩篇27首を収めており、文中には周の則天武后(そくてんぶこう)が制定した則天文字が用いられている。紙背には当時の日本で人気を博した白居易(はくきょい)の詩文(『白氏長慶集』)が、行成様の特色豊かな筆致で書写されている。日本における漢詩受容の実態を示す貴重な遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

唐詩残篇チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白氏詩巻断簡(絹地切)
玉篇巻第九残巻(自嗣字至きょう字) 紙背金剛界私記
日本書紀 巻第十残巻
金剛般若集験記
大般若経 巻第九十六(魚養経)
ページトップへ