文化遺産オンライン

竹花生 銘一曲

たけしゃくはちはないけ めいいっきょく

作品概要

竹花生 銘一曲

たけしゃくはちはないけ めいいっきょく

陶磁 / 安土・桃山

伝千利休作

安土桃山時代・16世紀

竹製

高27.6 口径11.2

1口

落ち着いた趣があり、背面に「一曲」と千利休の判とされるいわゆるケラ判がある。千利休が天正18年(1590)に伊豆韮山(にらやま)で「園城寺(おんじょうじ)」などの竹花入を切り出した逸話が象徴するように、茶人により切り出された竹花入は重要な役割を果たすものとなっていった。

竹花生 銘一曲をもっと見る

伝千利休作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

千利休 / 桃山 / Azuchi / Momoyama

関連作品

チェックした関連作品の検索