黄瀬戸竹花生 きせとたけはないけ

工芸  陶磁 / 安土・桃山 / 日本 

安土桃山時代
美濃製
口径11.0cm 高17.7cm
1口

竹製の花入を模した形に、薄黄色の釉がかかっている。茶席で、床柱に掛けて用いる花入である。節の部分の大胆な釘彫や、表面に轆轤の跡を残す成形など、全体的に豪放な作りでありながら、背面には小枝を切り取った痕跡を付けるなど、写実への配慮もうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

黄瀬戸竹花生チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄瀬戸花入
鳴海織部向付
美濃唐津花入
黄瀬戸草花文平鉢
黄瀬戸酒呑
ページトップへ