梅月蒔絵文台 ばいげつまきえぶんだい

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 室町 

室町時代・16世紀
1基
銘文:「信岡(花押)」銘

天板上面には対角線の左側に土坡(とは)に梅、三日月を描いている。室町時代の硯箱や文台に多い、空間を広くとった構図である。天板裏に「信岡(花押)」の金蒔銘があり、16世紀の前半、太宰府天満宮別当大鳥居信岡の注文によって作られたものと推定される。(111122h_12)

作品所在地の地図

関連リンク

梅月蒔絵文台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

橘千鳥蒔絵硯箱
蔦細道蒔絵文台硯箱
蔦細道蒔絵文台硯箱

田付長兵衛作

若松蒔絵文台硯箱
梅蒔絵硯箱
波に千鳥嵌物火鉢
ページトップへ