文化遺産オンライン

梅月蒔絵文台

ばいげつまきえぶんだい

作品概要

梅月蒔絵文台

ばいげつまきえぶんだい

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

1基

銘文:「信岡(花押)」銘

天板上面には対角線の左側に土坡(とは)に梅、三日月を描いている。室町時代の硯箱や文台に多い、空間を広くとった構図である。天板裏に「信岡(花押)」の金蒔銘があり、16世紀の前半、太宰府天満宮別当大鳥居信岡の注文によって作られたものと推定される。(111122h_12)

梅月蒔絵文台をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

文台 / 硯箱 / 蒔絵 /

関連作品

チェックした関連作品の検索