文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「雄大な 大塚山古墳 濠広し」

『まつばらいろはかるた』えふだ「ゆうだいな おおつかやまこふん ほりひろし」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「雄大な 大塚山古墳 濠広し」

『まつばらいろはかるた』えふだ「ゆうだいな おおつかやまこふん ほりひろし」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「ゆ」の札。
大塚山古墳は、西大塚の東側に濠に囲まれ、前方部をほぼ北面にした3段づくりの前方後円墳である。全長335m、前方部幅230m、後円部直径185m、前方部高さ4.5m、後円部高さ20m。全国では、第5番目の大きな古墳である。6世紀後半頃の築造で、当時の天皇クラスの人が葬られていると考えられる。現在、宮内庁によって陵墓参考地となっている。

関連作品

チェックした関連作品の検索