如意輪観音図 にょいりんかんのんず

絵画 / 南北朝 

良全筆
南北朝時代・14世紀
絹本墨画淡彩
1幅
重要文化財

良全は14世紀に活躍した東福寺系の画家。円光の背後にほのかに見える岩を淡墨で描き、画面全体が観音をとりまく空間として表わされている本図は、14世紀の水墨の仏画として最も成功しているものといえる。衣や宝冠等に繊細な金泥文様が施されている。
(2005/08/30_h033)

作品所在地の地図

関連リンク

如意輪観音図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白衣観音図
白衣観音図

吉山明兆筆、健中清勇賛

絹本墨画水月観音像
絹本淡彩観音図〈良全筆/〉
水月観音像
水月観音像

天庵妙受賛

千手観音像
ページトップへ