文化遺産オンライン

紫式部日記絵巻断簡

むらさきしきぶにっきえまきだんかん

作品概要

紫式部日記絵巻断簡

むらさきしきぶにっきえまきだんかん

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

紙本着色

20.9x79.2

1幅

重要文化財

『源氏物語』の作者・紫式部が宮中での営みをつづった『紫式部日記』を描いた作品。現在、二十数段が現存し、各所に分蔵されている。この断簡ももとは巻子であったが、昭和8年(1933)、益(ます)田(だ)鈍(どん)翁(のう)が絵巻を分け、現在の掛幅装となった。鎌倉時代王朝物語絵の代表作である。

紫式部日記絵巻断簡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

絵巻 / 断簡 / 物語 / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索