文化遺産オンライン

夜着 萌黄縮緬地梅橘模様

よぎ もえぎちりめんじうめたちばなもよう

概要

夜着 萌黄縮緬地梅橘模様

よぎ もえぎちりめんじうめたちばなもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 夜着とは、江戸時代の布団であり、きものの形をしている。もともとは裏地が付いており、表地との間に厚く綿をいれた。昔の人々は眠っている間に悪霊が取り付くと信じていたため、松竹梅、鶴亀、橘(たちばな)、宝尽くしなど、しばしば吉祥模様がデザインされた。

夜着 萌黄縮緬地梅橘模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / / Textiles / 吉祥

関連作品

チェックした関連作品の検索