文化遺産オンライン

自然釉蓮弁文大壺

しぜんゆうれんべんもんたいこ

作品概要

自然釉蓮弁文大壺

しぜんゆうれんべんもんたいこ

金工 / 平安

渥美

出土地:静岡県沼津市上香貫 香貫山経塚出土

平安時代・12世紀

陶製

1口

 渥美(あつみ)大壺の代表作。静岡県沼津市香貫山(かぬきやま)経塚から経筒外容器として出土した。独特の粗い砂質の粘土を用い、粘土紐巻上げ法で成形し、胴は三段に接合部に叩き目を残す。肩に刻まれた連弧文は一般に蓮弁文と呼ばれ、渥美で好んで用いられた意匠の一つである。
(2004/09/01_h14)

自然釉蓮弁文大壺をもっと見る

渥美をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

沼津 / 渥美 / 香貫山 /

関連作品

チェックした関連作品の検索