文化遺産オンライン

白磁象嵌牡丹文瓶

はくじぞうがんぼたんもんへい

作品概要

白磁象嵌牡丹文瓶

はくじぞうがんぼたんもんへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・15世紀

磁質

高17.1 口径4.1 高台径5.9

1口

堅緻(けんち)な胎土、青みを帯びた釉薬は、朝鮮時代初期の硬質白磁の特徴です。白磁に象嵌(ぞうがん)で文様を施す技法は、朝鮮時代初期の一時期に流行しました。この種の白磁象嵌の陶片は、15世紀に官窯が置かれた京畿道広州牛山里(キョンギドクァンジュウサンリ)、樊川里(ポムチョンリ)の窯址から発見されています。

白磁象嵌牡丹文瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朝鮮 / 白磁 / Joseon / 高台

関連作品

チェックした関連作品の検索